ゼルダ無双-厄災の黙示録-には明確な欠点が一つ

ゲーム

BotWの前日譚という事で話題にもなったコーエーテクモゲームス発売の「ゼルダ無双-厄災の黙示録-」。

 

個人的にはかなりやり込んだ好きなゲームの一つなので、あえて欠点というか「もう少し何とかならなかったな」という点を挙げてみます。

 

ネタバレを含みます

スポンサーリンク

ゼルダ無双の欠点 画面の見辛さ

細かい事を言い出せばいくつかはあるんですが、これは恐らく誰もが感じる欠点でこれに尽きます。

それなりにやり込んだゲームだっただけに、ここだけは何とかして欲しかったですね。

 

アクションゲーはカメラ操作も技術

本来、視点を自分で操作出来るアクションゲームはカメラ視点の操作も技術。

例えばBotWでも自分の操作しやすい位置に画面を操作するのは必須でした。

ただゼルダ無双に関しては操作どうこうじゃないくらいカメラがおかしくなる事があります。

敵に押し込まれてドアップに。こういう状況が結構起きる。

 

カメラ視点によっては「自分がどういう状況で相手に何をされているのかすらわからない」という事が起きたりします。

 

場合によってはロックは罠

中ボスクラスの敵と戦う場合、右のスティックを押し込む事によって「注目状態」になるんですがシチュエーションによっては余計戦いにくくなる事もあります。


中ボスクラスからは右スティックを押し込む事で注目状態にできる

ゼルダ無双ではブレワイよりも複数のボスと同時に戦える局面は多くて、そこは魅力の一つだと思います。

 

ただボスが複数いる場合、違うボスにカメラが勝手に切り替わったりします。


ボスが複数いる場合、勝手にカメラが切り替わる事も

この機能のオン・オフを使い分けるのも技術ではあると思いますが、ロックしたならロックを続けてくれる方が良かった様に思います。

結局、解除して戦闘する事も多く便利な反面使いにくさもあって、ここはブレワイ方式でも良かったかな、と。

 

ヒノックスが出てくるステージはカメラがおかしくなりがち


ヒノックスとの戦闘でのワンシーン。もはや何が何かわからん状態に(笑)。

特に大型のボスであるヒノックスが出てくるステージはフィールド次第でカメラがおかしくなりがち。

 

単体だとまだ良いんですが、上でも挙げた様に複数の敵がいる状態でカメラを「注目」にしてしまうと逆にプレイしにくかったりもします。

手前に小さく見えてるのがリーバル。流石に戦いにくい。

 

サイズ違いの敵と同時に戦うという楽しさもあるので「もうちょっと何とかなればな」と思う点でした。

 

上に挙げたカメラが勝手に切り替わる点も含めて、せっかくのボス固定用のカメラなんだけど、使わない方が良いという状態も結構あったので少し勿体無い様に感じます。

 

屋内の戦闘も少し戦いにくい

ハイラル城やアッカレ砦内部など狭いエリアでの戦いは臨場感はあって良いんですが、これもカメラの問題もあってややストレス。

狭い通路でダルケルくらいデカいと、自分の身体で敵の動作がわかりにくかったりも

ある程度は何とかなるレベルではありますが、たまにどうしようもない時があります。

全体を通して狭いエリアでは「視点がまだマシな箇所を探し、持っていく」という作業がとにかく多かった印象です。

 

攻撃のエフェクトで相手の挙動がわかりにくい

ゼルダ無双の良いポイントでもあるんですが、攻撃のエフェクトがとにかく派手です。

ただそれだけにキャラの攻撃によっては自分の攻撃で相手が隠れてしまって、敵の挙動がわからないという事も多いです。


ミファーの攻撃は派手なものが多い

ただここはゲーム的にどちらを取るかという話でもありますし、慣れてくれさえすればそこまで問題では無いですが少し気になった点。

赤き月の演出は良いけど


ゼルダ無双でも出てくる赤き月の刻

メインチャレンジで出てくる赤き月の刻はタイミング的にも「ここでくるか」って感じで演出としてはかなり良かったです。

が、プレイ画面がとにかく見辛いんですよね。

ゼルダ無双の赤き月のハイラル城赤き月のミッションではステージ全体が赤く染まる

良武器集め++の刻印集めやり込むには赤き月のミッションは必須に近いので、ここは何とかして欲しかったですね。

BotWでも染まるのは一瞬で後は通常通りなので、ゼルダ無双でもそれと同じ様に背景に赤い月を出しとくくらいで良かったんじゃないかと。

 

障害物もわかりにくい

ゼルダ無双では固有アクションの一つとして「三角飛び」があります。

壁や障害物を利用して飛び上がりパラセールでの移動や、空中攻撃に繋げたりと出来るんですが使い勝手はあまり良くないです。


壁などに向かってBボタンの連打で三角飛びが出来る

というのも、壁はともかく障害物なのか地面なのかわかりにくい事が結構あるんですよね。

製作者側の意図としては「地面にこういった障害物を散りばめて置くので状況に応じて使って下さい」というものだと思うんですが、正直逆効果だった気も。

 


Bボタンで回避してるつもりが障害物に接触し不意に飛んでしまう事も。

 

また回避と三角飛びが同じBボタンだったのも良くなかった気がします。

避けてるつもりが、地面にある障害物に反応して急に飛び上がるという事も結構ありました(笑)。

 

欠点のほとんどの問題はカメラ含む画面の見辛さ

あとはロードがやや長めだったりと細かい点はいくつかあるんですが、個人的に感じた大きなマイナス点はそれくらい。

それだけにカメラに関しては本当に勿体無かったな、と。

 

難易度どうこうでは無く単純にやり辛く、やりたくないステージもいくつかある(笑)。

自分自身、無双シリーズはそこまで好きでは無かったですが、このゲームは買って良かったと思っているのでそこだけは残念な点でした。

 

DLCのエキスパンションパスも買うつもりなので、ついでにそこだけは少しでも改善して欲しいんですが無理っぽいですね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました