【ギターの壁掛けはハードルが高い?】HERCULES GSP39HB PLUSがおすすめ 【ギターハンガー】

音楽

ギターはギタースタンドに立て掛けるのも良いですが、場所を取ったり、特殊な形状のボディのギターは置きにくいなど不便な面もあります。

なので「ギターを壁に掛けたい」、「吊り下げたい」と思う人も多いはず。

 

ハーキュレスのギターハンガーが中々に便利なので、少し紹介します。

スポンサーリンク

ギターの壁掛けはハードルが高い

見た目は良いですが、ギターを壁に掛けるというのは案外ハードルが高いですよね。

壁の強度の問題もあるし、そもそも賃貸では壁に穴とか開けられなかったりと。

以前に住んでた部屋ではDIYで柱を立てて、そこにハンガーを設置して吊るしてました。

 

ギターを掛けるのは「なんか大変そう」との理由で見送ってる人も多いのでは無いでしょうか。

そういう人向け(?)のおすすめのギターハンガーがあるので紹介してみます。

 

HERCULES STANDS ( ハーキュレススタンド ) / GSP39HB PLUS

ハンガー

僕が使っているのはこれ。

厳密に言えば壁掛けというより網掛けタイプなんですが、かなり汎用性も高くて使い勝手は良いです。

ギターを掛けておきたいけど、そういう環境を作るのが難しいという人にはおすすめ。

基本的にはディスプレイネット用

HERCULES GSP39HB PLUSは基本的にはディスプレイネットなどの網掛け用タイプです。

上下でガッチリとホールドできる様になってます。

 

ディスプレイネットはこういうの。楽器屋なんかでもよくあるアレです。

楽器が趣味な人以外でも、便利なので部屋で使っているという人もいるんではないでしょうか。

ただ、ギターの様な重量のあるものを掛ける場合はホームセンターなどで実物を見ての購入をおすすめします

ネットでの購入だと「想像してたものよりも作りが甘い」、「思っていたより耐久性が無かった」なども考えられますしね。

他のものならともかく、やはり大事なギターを任す訳なので。

ギターを掛けた際に起きるトラブルはハンガーよりもディスプレイネットに問題がある事が多いです。

伸縮幅は7.5cm-11.0cm

裏側のハンガーで挟み込める間隔は約7.5cm-11.0cm。

なのでディスプレイネットなどで使用する場合は、この間隔にうまく収まるものがおすすめです。

7.5cm〜11cmくらいまで伸縮。バネは結構強め。

 

ただ、上部のフックだけでもかなり安定感はあるので、どちらかといえばネット自体の耐荷重や強度が大事。

HERCULES GSP39HBはメタルラックでも使える

これがおすすめする、かなり大きい点。

基本的にはディスプレイネット用ではあるもののメタルラックなどでも使えます

もちろん、その場合は上部のフックのみで支える事になりますが、これだけでも充分な安定性はありますし自分もメタルラックに掛けて使用しています。

HERCULES GSP39HB PLUS メタルラック

今回一応試してみましたが、こういったCDや小物を置く様な細いメタルラックでも問題無かったです。(普段はもっとゴツいラックで使用)

メタルラックに限らず、安定感があってしっかりとフックが掛かるものでさえあれば大丈夫そうですね。

アームは自動開閉式

ギターやベースなどを掛けると楽器の重さでスライドして自動でアームが閉じ、楽器を持ち上げるとアームが開く仕様になってます。

また、ヘッドの形に応じて左右に傾く様にもなっています。(45度くらいまで)

なのでFender系の様な左右が非対称のヘッドでもバランス良く均等に支えてくれます。

ラッカー塗装の楽器には注意が必要

これはほとんどのギタースタンドに共通している点。

ハーキュレス製は基本的には問題無さそうですが、一応は塗装剥げ防止の為にカバーを付けておくのが無難です。

支えるハンガー部分は取り外しも可能。サイズにあった調整も可。

 

ギタースタンド用のカバーはこういうモフモフのやつ。

知らなかったんですが、ギターブラジャーやブラと呼んだりもするらしいです。ブラて。

ギタースタンド ブラジャー(カバー)

専用のものは無さそうなので、少し加工は必要そう。

数百円程度なのでケチる様なものでは無いですが、布なんかを巻いて代用しても良いですね。

ちなみに自分の場合は全部のスタンドに軍手を被せてます(笑)。

 

壁に直接設置するタイプより安心感は劣る

心理的な面も大きいですが、やはり壁に直接設置するタイプには安心感は劣ります。

ただその分、一瞬で取り外せたり気軽に別の場所に付け替えられるのはメリット。

耐荷重は一応7kg

特に自分の場合はメタルラックに引っ掛けてるだけなので、流石に重量のあるギターは怖いですね。

 

とはいえ、結構重めのギター(普段はfenderのJaguarで使用)でも落ちたり外れた事は一度も無いので余程で無い限り心配する必要は無さそう。

値段はほとんど2000円ちょっとくらい。

これに限らず、ハーキュレス製のスタンドやハンガーは値段の割に質が良いので選ぶ際はおすすめです。

 

自分の環境に合ったハンガー選びを

今回、紹介したギターハンガー以外にも種類があるので環境、用途によって自分に適したギターハンガーを選ぶのが良いと思います。

 

弾いてこその楽器ですが、眺めて悦に入るのもよし。

またギタースタンドにも単に立て掛けるだけではなく、吊り下げ式のスタンドなんかもあるので色々探してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました